救急医療の現場

転職

患者としては、できるだけいい病院にかかりたいと思いますし、手術だって、うまい先生にやって欲しいというのが本当のところではないでしょうか。そのため、近年では、患者さんもネットで情報収集をするだけではなく、口コミや紹介などを頼って医師や医療機関の評判を集めようとしているようです。評判が良いというのは、まずは診療してくれる医師の態度からはじまるでしょう。しかし、救急病院を利用する際には評判を聞いている暇などないのでそういうわけにはいかないのではないでしょうか。緊急では、次から次に運ばれてきた人に治療を行うことになるわけですが、実際問題、医師の体が持たないということが問題視されていると言えるでしょう。
若いうちは「人命を助ける」という強い意志と体力でなんとか乗り越えられてきたことも、年齢を重ねるうちに、自分の求めていた医療ができているのかどうかも考えられなくなっていると悩んでいる医師も多いと言います。救急医療に携わる医師の中には、自分の家族からのSOSにも気が付かないほど忙しい人もいると言われ、現代では早急に救急医療というものの改善を考えていかなければならないと言われているようです。
個人的な改善策として近年注目されているのが、転職ではないでしょうか。出世などの権利を捨ててまでも転職を選ぶ医師の中には、家族との時間を確保するために、勤務時間の都合のつく病院を選んだりする人も多いようです。中には、救急医療をリタイヤして他の医療機関に転職したものの、家が落ち着いてから再び救急医療の現場で働くという選択をする医師もいるようです。そういった方は自分の経験を踏まえ、救急医療に携わる若い医師たちを支えるためのシステムを作りといったような活動にも積極的に参加していると言われています。より良い医療現場のために、転職の経験を活かせることも転職経験の利点であるとも言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です