転職というヒント

転職

医師の中には、あまりに忙しすぎて体力の限界を感じてしまうという人も少なくないと言われています。とくに近年では、医師の働きすぎ問題というものが多く取り沙汰されるようになったと感じられるのではないでしょうか。救急医療の現場では、次から次にくる患者を救うため、自分の子どもの寝顔を見る暇もなく働いているといった医師も多いそうです。そういったことから、救急医療に携わる医師の現状を変えなければならないと考えている人も多くなってきており、医師の働く環境も少しずつ改善してきていると言えるかもしれません。どんなに忙しくても、仲間に恵まれていたり、尊敬できる教授の下で働けるということもモチベーションになったりするのは、どの社会でも共通でしょう。労働体制と同等に、人間関係というのも、仕事の上での重要なキーワードであると言えるでしょう。つまり、転職を選択する医師は、必ずしも業務や労働体制に不満がある人だけではないと言えるでしょう。残念なことですが、人間関係で医療機関を去るという人も少なくないと言われています。考えてみれば、忙しい上に人間関係にまで煩わされていては、心身ともに疲弊してしまい、患者さんどころではなくなってしまうでしょう。少し悩みを抱えている自分に気付いたら、無理をせずにコンサルタントなどに相談すべきではないでしょうか。まじめに仕事と向き合っているからこその悩みは、単に不平不満を並べているなどとは思われません。疲れすぎていては頭も働かないため、専門家に相談して問題点をすっきりさせるだけでも良いでしょう。どこをどのように考えればいいかなどがわかるだけでも、さらに自身で考えるためのヒントになるかもしれません。ひとり悩まず、信頼できる先輩や、時には後輩にも話してみるということはよい刺激になるのではないでしょうか。
自分を責めるのではなく、公平に見つめる目で判断してもらうことも時には重要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です