マンモグラフィーについて

マンモグラフィーとは、乳房X線検査のことだそうです。微小な乳がんを診断できるそうです。乳房の単純撮影の一種で、乳房撮影専用の特殊な装置で撮影するそうです。乳房をプラスチックの板で挟み込んで乳房組織ができるだけ薄くなるように圧迫した状態で行うそうです。最近はフィルムを使用しないで、受信機としてフラットパネルという半導体素子の集まりを用いたデジタル乳房撮影装置というのもあるそうです。撮影する場合はフィルムはとても高感度で特別なものだそうです。

乳房撮影というのは、乳がんの腫瘤像や石灰化を検出するそうです。乳腺が退縮していて脂肪が多くなっていると診断しやすくなるそうです。乳腺が発達している状態の場合は十分に病変を検出できないということがあるそうです。40歳以上の女性で健診のメリットがあるといわれているそうです。

乳房の撮影で乳がんが疑われた場合、細い針などを刺して組織を少量採取して最終的な診断をすることになるそうです。腫瘤の存在がはっきりしない場合は、乳超音波検査を追加することもあるそうです。乳房を圧迫するときにとても痛いといわれているマンモグラフィーですが、乳房を圧迫することで被ばく線量も少なくて済んだり、より診断しやすいということもあるそうです。撮影の際には、乳房を固定したら撮影終了までは動かないようにしてほしいそうです。検査時間の方は約10分だそうです。ただ、十分に撮影できていない場合などは再度撮影ということになるそうです。X線を使うので、妊娠の可能性がある人は申し出なければならないそうです。そういう場合は、超音波検査など他の検査方法が取られる場合があるそうです。検査で見つかる病気は主に乳がんだそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です