医学の発展

医療の発展

移植手術をするために外国に行くという話を聞くことがあります。
その費用が一億円とか二億円とかというのも、よく耳にします。
外国での手術は保険がきかないため、手術そのものが高いということもありますし、日本の医師と看護婦を付き添いで連れて行く交通費など他の経費を考えたら、その費用はものすごいことになるそうです。
現在、移植手術は日本でもできるとはいえドナーの少なさから誰でもできる手術とはいえないそうです。
外国でもドナーは少ないのは同様で、お金があるからといってその手術が早く受けられるかどうかわからないそうです。
そのため順番を待っているうちに亡くなるということもあるといいます。
移植手術に変わる手術が日本にも導入されました。
その手術を日本でやり続けるのはとても大変だったといいます。
最新の手術や医学の発展などは、人類にとって素晴らしいことだと思います。
研究中の技術で、実用化が待たれている技術というのはたくさんありますし、その結果助かる命がたくさんあります。
歯が自分の細胞からできるのなら、もうバカ高い費用を払って義歯を作らなくていいですし。
医学の世界も変わっていくのだと思いますが、だからこそ医者の倫理観というのが問われてくる時代になってくるかと思います。
神に祈っていた時代から考えると考え方も技術もすっかり変わってしまったと思います。
けれど医学の発展で問題になるのは、常に倫理観、宗教観など気持ちの問題ということになるかと思います。
他所の国の博士は、世間に黙ってクローン実験を繰り返してクローン人間を作ったという報道もあります。
SF映画みたいですが、技術は十分にあるという現代、どんな考え方で人類が手に入れた技術を活用することになるのかとても興味があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です