医療のための治療費負担

医療費負担

日本では、保険医療であれば治療費がまかなえるようなしくみになっています。
低所得者に向けては支払いに上限があったり、生活保護だったら医療費免除の手続きを取るなど、役所に行けば手続きができます。
けれど日本国内で前例のない手術などは保険医療の対象にはなりません。
手術するには患者さんが自己負担をしなければならないといいます。
また手術をすること自体、病院が倫理委員会で認めなければできないといいます。
病院でその最新の手術ができるかどうかも、倫理委員会できめてもらわなければなりません。
そしてその最新の手術というものがやる価値があるかどうかを審議してもらうといいます。
確かに海外では行っている手術でも、日本ではやっていないといった手術はあります。
その手術をしなくても病気が治る場合もあるでしょうが、海外での手術の効果が上がっている場合、日本でも取り入れてみようということになるのではないでしょうか。
その方法としては、医者自身が海外に派遣され、その手術を習得してくるといった方法などが挙げられるでしょう。
しかし、そういった手術が行われるようになったときに問題になるのが、治療費でしょう。
保健医療でもなく最新の手術ということになると費用は莫大になるかと思います。
そんなとき、病院がすべてを出してくれる場合があるそうです。
場所だけではなく器具の使用、入院治療など病院が提供してくれたり、手術着などの消耗品や材料など医療関係の会社に協力を求めたりもするそうです。
そういったことへの説得力は一人の医者から始まったりするものです。
最初に絶対に治すという強い意志を持って研究や勉強をしていく。
その熱量の大きさが世界を動かしていくのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です