信頼を得ることは難しい

信頼を得る

医者は患者さんから信頼をしてもらわなければいけない職業であると言えるでしょう。
ヤブ医者とレッテルを貼られてしまっては患者さんからの信頼は得られません。
一人か二人程度の悪評でヤブ医者と呼ばれることはあまりないかと思います。
死亡事故が続いているとか、看護師が定着しないとか病院の評判が落ちてしまう出来事が続く場合もあるかと思います。
入院したら生きて出られないという噂を立てられた病院もありますが、だから潰れるというわけではないと思います。
でも患者さん側からするとそんな評判が立っている病院に行きたいと思うはずはないでしょう。
何を失敗したのだか、どんな医者が変な治療行為をしたのか分かりませんが、口コミは広がってしまいます。
また、テレビなどで名医と謳われている医者が出ているのを見かけます。
医者の仕事というのはとても忙しいもので、テレビに出る時間はなかなか取れないと聞きます。
現役バリバリの忙しい医者はテレビには出ないとも言えるでしょう。もちろん出る暇がないのが「名医」なのでしょう。
テレビを見たからという理由で医者を探してみたら、名医とは呼べない人だったということは少なくないようです。
医者の評判や信頼というものは、一時的なものではいけないのが本当のところだと思います。
一方で、一瞬で信頼を失うのも医者という職業かもしれません。
患者さんの命を救うためにコツコツと努力し、それが身になっている人が名医だと思います。
もちろんチームを率いるリーダーシップも必要ですし、新しい医療に取り組むフットワークの軽さも必要だと思います。
すべてを兼ね備えるのは難しいと言っている場合ではないのも医者という仕事だと思います。
超人並みの能力が求められるのが医者です。大変だと思いますが、自分が患者の立場になった場合、やっぱり名医に診て欲しいと思ってしまうのが正直なところと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です