手術の発展

手術の発展

身体を大きく切る必要がない、カテーテルを使用した手術の発達で心臓の手術がずいぶん変わったそうです。
以前は血管に挿入して心臓の血管を映し出す診断方法に使われていたそうですが、今では狭くなった血管にカテーテルを入れてそのさきにつけられている風船を膨らませ病変部を広げて、ステントという金網状の器具をはめ込んで治したりするそうです。
これは全身麻酔の必要もないそうで、次の日には退院できるほど負担の少ない治療法だそうです。
負担が少ないといわれたところで、患者さんにはわからないものでしょう。
ステントの治療と言われても、心筋梗塞が治ったのかなと喜べるわけではないと思います。
このような患者さんや患者さんの家族の不安を取り除くのも医者の役目だと思います。
カテーテルの技術がどんどん進んでいくと、5年前にできなかったこともできるようになるそうです。
たった50年ほどで驚くべき進化を遂げている心臓手術の世界ですが、他の臓器もどんどん技術は進んでいます。
今は入院期間ゼロ日というのもたくさんあります。
保険の内容も、入院なしの手術でも保険金が出ますというようなCMが増えました。
逆に保険を見直さないと、入院がない手術では保険金が出なかったりするそうです。
医療現場での技術の発展は色んな所に影響が出るようです。
手術を受けてその日で退院とか、心臓手術を受けた翌日にはリハビリで歩かされるとか、知らずに聞くと驚くようなことになっています。
少し前まで死ぬか生きるかの問題で長期入院だったのが、次の日には退院するというのは患者さんだけではなくその家族も戸惑うことばかりです。
リハビリは早ければ早いほどよいといっても、次の日というのは驚きでなのではないでしょうか。手術の発展により、急速な復帰も期待できると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です