専門外の可能性を考える力

 

医師 バイト

“医師”と一口に言っても、

その専門分野は
人によって全然違うのニャ★

 

医師 バイト

眼科だと「目」を診る、皮膚科だと「皮膚」を診る、
耳鼻科だと「耳や鼻」を診るといったように、
患者さんがその専門分野を選択し、
来院することが多いんじゃないのかニャ

 

医師 バイト

だけど「耳が聞こえない」とか
「目が見えにくい」とかいう症状は、
実は脳腫瘍みたいな深刻な病気に
つながっている場合もあるみたいなのニャ!

 

医師 バイト

例えば脳腫瘍の場合は、
どれだけ早く発見することができるかが
その後の治療に大きく関わるというのニャ!
これは他の症状でも同様なことも少なくないニャ!

 

医師 バイト

だからもし眼科や耳鼻科で発見されなかった場合、
正しい治療を受けることができず、
そのまま放置されてしまうことも否定できないのニャ
考えただけでこわいのニャ……

 

医師 バイト

特に脳腫瘍というのは、
目や耳の数値に影響を受けないとされているから
診断時に「気のせい」であるとか「うつ病」であるとか、
精神的な病気と勘違いされることも多いみたいなのニャ!

 

医師 バイト

もしかしたらみんなは、
眼科や耳鼻科の段階で気付かれず
「専門外だから」という理由を掲げることには
疑問を感じるかもしれないニャ

 

医師 バイト

でもこれは現に
起こっている・起こりうることなのニャ
患者さんの申告や目に見える症状からじゃ
気づきにくい疾患も多いからニャ……

 

医師 バイト

だからこそ医師としては、
眼科や耳鼻科で「異常なし」と診断が出た場合にも、患者さんが「目が見えにくい」「耳が聞こえない」という症状を訴えている場合、想像力を働かせ、可能性を伝えるるべきなのではないでしょうか。

 

医師 バイト

だからこそ医師としては、
「異常なし」と診断が出た場合にも、
患者さん自身が何かの症状を訴えている場合、
想像力を働かせ、可能性を見出して伝えるべきなのニャ

 

医師 バイト

このように、医師の想像力によって
助かる命は多くあるといわれているのニャ
色々難しいけど、基本的に医師は
やっぱり助けられる命は助けたいはずなのニャ!

 

医師 バイト

ちなみに想像力つまり
イマジネーションを活性化するというのは
日常の訓練の積み重ねで
できることらしいのニャ!

 

医師 バイト

常に患者さんのことなんかを観察しては
その解決策を徹底的に考える……
ということを繰り返していくうちに、
「見落とし」ということが無くなっていくらしいニャ!

 

医師 バイト

手術だけでなく
診察という場面でも、
患者さんの訴えをとことん考えてやる
という作業は必要だというニャ

 

医師 バイト

当然、
患者さんにとってみれば

医師の見落としというのはとても怖いことニャ

 

医師 バイト

でも診察を受けている時点で
患者さんは医師を信じるしか無いのニャ
だからその信頼を受け止めて診療に当たることが
医師にとって大切なことといえるんじゃないかニャ?